ダニの予防

ダニが発生する原因は大きく3つあります。

◆室内温度が20~30度、湿度60~80%である
◆エサがある
◆隠れる場所がある

ダニは上記の3つの条件がそろうと大量に発生します。
また、カビはダニの餌になりますので、カビの予防もダニの予防につながります。
高温多湿の場所が、ダニが大量に発生する元になるのです。
洗濯物をいつも室内に干していて常に湿度が高いとカビが多く、ダニも発生しやすいです。

室内で動物を飼っていてよごれがたまていたり、食べこぼしがあったり、部屋の埃だったりもダニのエサになります。
ダニの中には人の垢、フケなどを食べるものがいますので、掃除が少ないとダニ発生の原因となります。
ジュータンが畳の上にが敷いてある、掃除がいきとどいていない、部屋を締め切っている・・・
ダニが生息しやすい状況がそろっています。
そこではダニが大量に発生したりします。

冬も部屋が暖かく、住宅も機密性が高く、高断熱材を使用した家庭も多くなっていて、冬場もダニが大量に繁殖しやすいです。
目では見えないためどんなところにでも潜んでいます。
特に、夏の押入れは注意しましょう。
ダニが繁殖したままの布団は、大量のフンや死骸があり、それがアレルギーの元を作ってしまいます。
布団を押入れにしまう時は、太陽の光、日光に当ててしっかりとよく乾燥させて掃除機をかけるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする