日焼けには

日焼けとは、皮膚が紫外線を浴びることによって赤く炎症を起こす症状のことです。
また、皮膚の表面にメラニン色素が沈着した状態のことも差します。
赤く炎症を起こすほうを「サンバーン」、メラニン色素が沈着し浅黒くなるほうを「サンタン」と呼びます。
「サンバーン」は時には肌が真っ赤になり痛みを伴ったり、ひどい場合には水ぶくれになったりします。
「サンバーン」の主な原因となるのは紫外線B(UVB)と呼ばれるものです。
これはエネルギ――がとても強くて、肌細胞を傷つけてしまい、皮膚がんの原因ともなります。

太陽からの光線には、目に見える可視光線と、赤外線、紫外線、X線、ガンマ線などがあります。
日焼けの最大の原因はもちろん紫外線です。
紫外線には長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線の3つの種類があります。
オゾン層を通過する際に大気によってガンマ線、X線、UVCは取り除かれます。
残った紫外線の」UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類が日焼けの原因となります。
地表に届く全紫外線のうち約95%はUVAで、肌にダメージを与えるます。
浴びたUVAは、ハリや弾力を生むもとのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えます。
その結果、UVAを浴びた肌は肌の老化現象を引き起こすと考えられています。
UVBは主に肌表面で吸収されるので、肌の深層まで達することはあまりありませんが、肌の表皮に強いダメージを与え、ひどい場合にはやけどの跡のようになることもあります。
また、肌を褐色にしたり、シミやそばかすの原因となります。

日焼けの原因である紫外線を浴び続けると、皮膚がんになる可能性も高まります。
長時間屋外にいる際はUV効果のある日焼け止めクリームを付けた方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする