子供のメタボリックシンドローム

中高年の方々がなるものだとばかり思っていませんか?
ここ最近、子供のメタボリック症候群が問題になっています。
成人の生活習慣病と思われてきましたが、今の時代、子供のメタボリックシンドロームもふえつつあります。

肥満の子どもは増える傾向にあり、30年前と比べてもその差はなんと約2倍になっているそうです。
とすると、10人に1人は肥満だということ。。。
なぜ子どものメタボリック症候群が起きるのでしょうか?
その原因と言われている1つ目は、運動不足と不規則な生活です。
脂肪の多い食事、それからコンビニなどでいつでも買ってものが食べられる環境などが原因となっているのです。
子供の時に肥満やメタボリック症候群になってしまうと、その約7割が大人になっても肥満・メタボリック症候群になる傾向にあるといいます。
子供でも糖尿病や高血圧のような生活習慣病にかかる可能性が高くなるのです。
大人も子供も早めに検査等を受けてメタボリック症候群の予防をすることがとても大切です。

年齢別に身長と体重のバランスで肥満度を算定することができます。
肥満度(%) = (実測体重 – 標準体重)÷ 標準体重 × 100

厚生労働省からも、6歳から15歳のメタボリック症候群診断基準が出されています。
ウエスト周囲径   中学生80cm以上・小学生75cm以上
(ウエスト周囲径(cm) ÷ 身長(cm) = 0.5以上目以上)
に加え、血液検査での診断基準をプラスしたものです。

子供のメタボリック症候群の一番の予防法にはやはり食生活の改善が大事です。
お菓子・菓子パンなどの摂り過ぎに注意し、バランスよくきちんと食べさせること、朝食を抜いたりせずにきちんと食べることも大切です。
また規則正しい生活も欠かせません。遅くまでゲームをせず、外遊びで体を使いましょう。