変形性関節症

関節炎とは、関節に炎症を起こす様々な症状のことを言います。
外傷以外の、全ての関節の炎症の総称です。
状態や症状は根本原因の病気により異なります。


長期的な使用や繰り返される関節への刺激によって、クッションとしての役悪のある軟骨がすり減ったり、変形したりする病気で、膝が一番なりやすいです。立ったり座ったりの動作に加え、年齢とともに筋肉が衰えると、膝への負担はとても大きくなります。
膝の痛みは、最初のうちは湿布薬などを張ると痛みが抑えられますが、実際は軟骨がすり減ったりかけたりしていくので、どんどん症状が悪化していきます。
痛みが強くなると歩かなくなって、さらに筋力は弱くなり症状が進んでいくという悪循環になりやすいので注意が必要です。重症化した場合は、外科手術が必要になります。安静時には痛みはないため、歩くことを苦痛に感じてしまうようです。すり減った軟骨は、再び元に戻ることはありません。早い段階で予防していくことが重要です。
関節を動かさずにいると、周りの筋肉が衰えて可動域が狭くなるので、痛みが起きやすくなります。
それと、関節を冷やすと周囲の筋肉などがこわばって血流が悪くなるので、なるべく温めたほうがいいでしょう。サポーターなどもおすすめです。その際はきついと圧迫されてしまうため、きつすぎないものが良いでしょう。
変形性膝関節症の症状が進行すると、膝のまわりの血液やリンパ液などの循環が悪くなり、筋肉や関節が硬くなります。このため、疲労物質がが溜まりやすくなるので、体内の循環を良くするために、お風呂に入って体を温めることをお勧めします。ただし、炎症がひどく腫れている場合などは、炎症を抑えるために部分的に冷やしたほうがいいです

関節炎にかかりやすい人は、肥満であったりO脚であったりという要因を持っている人が多いようです。
体重が増えれば、当然 膝の負担も増加します。特に階段の昇り降りは負担が増加しますので、痛みがある際は階段はなるべく避けましょう。筋肉の減少を避けるには、階段よりも平坦な道を歩行するほうがいいでしょう。
また、激しいスポーツや肉体疲労で膝に負担がかかりすぎると、変形性膝関節症になりやすくなります。
ウォーキングやストレッチをしっかりするのがいいでしょう。
痛みが強い際は、無理せずに専門家の診察を受けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする