顧問弁護士による法律相談

顧問弁護士の安心サポート

『みうら整骨院』では法律問題全般の相談をするために、2人の弁護士に顧問をお願いしています。

社会的弱者救済、社会正義のためには、損得を抜きにして動かれる先生です。交通事故や怪我、そして相続問題には、本当に頼りになります。

弊院の患者さまには、無料で30分間法律相談に乗っていただけることになりました。

どうぞ、お気軽にスタッフにお声がけください。

弁護士の先生に相談するメリット

弁護士の先生に交通事故に関する相談や依頼をすることは

大きなメリットがあります!

  • 適正な通院期間を確保できます!

保険会社の担当者によって、「もういいでしょう。」と、一方的に通院打切りの連絡をしてくることがあります。

弁護士が入ることで、通院の必要性や相当性を証明し、治療期間を1か月から2か月延ばせることがあります。

  • 適正な通院慰謝料を請求することができる!

保険会社は、通院慰謝料を計算する際、自社の基準で慰謝料を算定します。

これは、裁判をした場合よりも少額になり、ご本人で交渉しているときには、この基準による慰謝料でしか交渉に応じてくれません。

ですが弁護士が入ると、より高い算定基準をこちらから提示して、通院慰謝料を増額させることができる可能性があります。

  • 適正な遺障害等級認定を狙うことができる!

交通事故被害でのお怪我が重症の場合、一定期間治療を続けても完全には治らないことがあります。

このような場合には、後遺障害等級認定の申請を行い、後遺障害慰謝料の請求をすることになります。

後遺障害等級認定の申請には、通院方法や医師の書類の書き方等が大きく影響します。

依頼していただけると、これらについてアドバイスをして、適切な後遺障害等級認定を受けることができる可能性が高くなります。

  • 治療に専念することができる!

交通事故の被害に遭った場合には、加害者は保険会社まかせにするのに、被害者の方はすべてご自身で交渉を進めなければならないことが多いです。

ご自身で交渉していると、保険会社から様々な書類を要求されたり、治療の打切りを一方的に言われたりと憂鬱なことが多いです。

そこで、弁護士に依頼して、交渉をすべて弁護士に任せることで、書類のやり取りや交渉のすべてを弁護士が行います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする