筋肉痛

激しい運動のあとや、普段使っていない体を動かしたときなど、筋肉痛がおきます。

筋肉痛はなぜ起きるのでしょうか?
医学的には解明されていませんが、有力な説としては、
激しい運動によって生じた筋線維や組織の損傷を、修復する過程で発生する痛みと言われています。

この傷ついた筋線維・組織を修復するために、体内では物質が発生されています。
これらの働きによって、損傷した筋線維・組織を修復する過程ででる痛みと言われています。

筋肉痛が、あまりに長引くようなら注意が必要です。
筋肉痛なのか筋肉痛ではないのかの判断は、痛みを感じる期間です。
1週間以上痛みが続いている野であれば、肉離れ、もしくは神経痛かもしれません。
運動中に球に痛む、または、ストレッチ等筋肉を伸ばすと痛むのであれば、肉離れを疑ってみましょう。
また、神経痛は、運動するしないにかかわらず痛むのであれば神経痛かもしれません。
よくチクチク・ズキズキ痛むと形容されます。

痛みが引けていかない時は、無理せず専門機関を受診してください。

土日も診療の八千代緑が丘、柏市、坪井、江戸川区西葛西のみうら接骨院のブログです。むち打ち治療もお任せください。