日焼け

5月頃から紫外線が非常に強くなります。

皮膚は体の一番外側で体内を守っています。
その構造をご存知ですか?
皮膚は3層から構成され、表面から深部に向かい表皮・真皮・皮下組織で形成されています。

表皮は、紫外線や化学物質といった有害なものから守っています。
表皮は角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4つから形成されてます。

なぜ日焼けするのかというと、メラニン色素が原因となっています。
紫外線が肌に当たると、の基底細胞の間にあるメラノサイトという細胞が紫外線を感知して、メラニンという黒い色素を作ります。
このメラニンができることで、紫外線を体内に吸収するのを防いでいるのです。
日焼けをして黒く感じる肌の奥で、メラニン色素は皮膚細胞を破壊されないよう、紫外線から肌を守っているのです。

有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられていった表皮細胞は、最後に角質層で剥がれ落ちます。
このように肌が生まれ変わることをターンオーバーと言い、28日周期で新しい皮膚へと生まれ変わります。

紫外線による日焼けは皮膚にダメージを与えます。
日焼けをしないようケアすることで、肌の老化を防止します。

日焼け止めは夏だけでなく、春先から使用するのがおススメです。

みうら接骨院のブログ