まぶたのたるみ

上のまぶたが目元までたるむと、目元が暗く活気のない印象になります。

たるみで視界が狭くなり、瞼に力を入れて目を開くようになり、眉間・額に自然にシワができるようになってしまいます。

まぶたのたるむで目つきが悪くなり、表情も険しく見えるようになります。
また、偏頭痛、眼精疲労、肩こりなどをひきおこすこともあります。

ひどい場合で正面を向いた状態でもまぶたが瞳孔にまで垂れたような状態を、眼瞼下垂と呼びます。

上まぶたのまぶたを持ち上げる筋力が弱くなると、瞼が黒目部分まで垂れ下がり、物を見ることが困難になります。それを眼瞼下垂と言います。
眼瞼下垂は先天性と後天性のものがあり、後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの長期装用、目の酷使でも引き起こされます。
ここ数年のスマホを使用する人が増加していますので、注意が必要です。

特にまぶたは人の顔の中でも皮膚が薄く乾燥がしやすい部分です。
そのため皮膚がたるみやすくなるります。
顔のパーツの中でも特にデリケートなまぶたです。

目を強くこすったりせず、目を酷使して疲れたときはゆっくり休めるようにしましょう。