コンドロイチン

コンドロイチンはもともとは人の体にある成分ですが、年齢とともに体内で生産されなくなっていきます。
コンドロイチンは、牛の軟骨から見つかった成分で、ねばねばとした粘性の物質で軟骨の緩和剤になっています。コンドロイチンがあるところは、脳や皮膚の結合された組織など、軟骨以外にも様々な組織の中にあります。
コンドロイチンの名前の由来はギリシャ語のコンドロスからきており、軟骨という意味だそうです。

コンドロイチンは今や、五十肩の治療、腰痛や関節痛、角膜の保護などの医薬品として広く活用されています。駐車液で腰痛・関節痛・四十肩・五十肩などの治療に用いられるほか、角膜保護として点眼液にも使用されています。
コンドロイチンは関節や皮膚の保湿にも効果があるため、健康食品としても大注目です。植物性の食品のなめこ、オクラ、それから山芋や納豆などの食品にもコンドロイチンは存在しています。より吸収効率がいい動物性の食品は、動物性の食品ではサメや鶏の軟骨、フカヒレ、ドジョウ、ウナギなどです。
食品で摂ろうとするとかなりの量をたべなければなりませんので、サプリメントなどのほうが便利です。
サプリメントに使うコンドロイチンは、従来牛や鯨から取っていましたが、現在は主にサメから取られたものになっています。

コンドロイチンは、骨の成長にも関係していて、骨粗しょう症の予防や改善にも効果的をされています。
コンドロイチンの保水力は、たった10グラムのコンドロイチンが数リットルもの水分を保持することがでます。人間は、生まれた時には豊富な水分を体内に保持しています。コンドロイチンやヒアルロン酸の働きで体内の水分が充分たもたれているため、赤ちゃんは肌がすべすべ、ピチピチしており、若い肌にはしみやしわができにくいのです。歳をとってくるとだんだん体内の水分が少なくなり、肌はカサつきやすくしわもでき、内臓の水分も少なくなるために免疫力が落ちたりします。
水分量は60歳をすぎると、男性も女性もだいぶ減ってきます。これは体内のコンドロイチンが、歳を重ねるごとに減少していくからだということができます。体内の水分はとても大切で、それは減少すると肌にハリがなくなるばかりか、臓器の動きや血液の流れにまで影響します。体内の水分保持をしていくことは、健康を維持し、長生きすることにもつながるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする