発毛 頭皮の健康

生活習慣病と発毛にはとても深い関係があります。

まずはお酒ですが、飲みすぎは発毛あまり良くありません。
飲酒そのものは適量であれば血の巡りが良くなり、髪によくないというのではないのですが、一定量を超えると血液循環が悪くなります。飲み過ぎで肝臓が弱ると、髪の元であるタンパク質が十分に作られなくなります。
喫煙の髪へ及ぼす影響は実証されてはいません。しかし、タバコの吸いすぎも発毛にはよくありません。たばこを吸うと血管を収縮させ、新しい髪を作るための栄養が行き渡らなくなります。たばこは健康のためにも普段の生活習慣から見直すことをおすすめします。過度のお酒とタバコは発毛だけに影響するものではないのです。発毛にとって睡眠不足は悪影響です。反対に午後10時~深夜2時ごろによく眠るようにすると、末端の細小動脈が拡張して新陳代謝が活発になるので、これは発毛にとって大変良い生活習慣だといえます。つまり髪や夜によく成長するということです。
ストレスも発毛に良くない影響があります。過度のストレスによって血管が収縮し、脱毛の原因となったり、頭皮にまで栄養が行き渡りにくくなる原因となります。ストレス発散させることが、発毛のために良い方法です。普段の生活においてどんな形でもストレスを発散させることが大切です。よく寝て、バランスの取れた食生活をし、ストレスをなくすような生活習慣を心掛けることは健康だけでなく発毛にもよい方法なのです。

頭皮の清潔に保つためにも、シャンプーによる洗髪はとても大切です。シャンプーはたくさん使えば良いというわけではなく、指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗うことが、シャンプーによって発毛を促進させるためには有効です。
発毛促進のために、1日に何度もシャンプーする必要はありません。
洗うのは1日1回でOKです。ただ泡を流して終るのではなく、シャンプー剤を全て洗い流すように心がけましょう。シャンプー後のすすぎが大切です。シャンプーをした後の頭皮はアルカリ性で、自然に皮脂が分泌されて頭皮本来の弱酸性に戻そうとしているのです。コンディショナーはこの皮脂の過度な分泌をおさえてくれるものです。こうすることで、頭皮に負担をかけず発毛を促進してくれます。