自賠責保険について

自賠責保険について

自賠責保険は強制保険とも呼ばれています。

「自動車損害賠償保障法」という法律で

必ず加入することが義務づけられているんです。

保険に加入していないと、厳しい罰則もあります。

任意保険は、”任意”という名前のように、加入する・加入しないは

各人の判断で自由に決めることができます。

自賠責保険の限度額

「自賠責保険」、強制保険で支払われる料金と限度額は

以下の通りです。

これで被害者の方に十分な補償がでくきるかどうか

ちょっと、考えさせられてしまいますね。

ですから、多くの方は上乗せとして、任意保険に加入されています。


~損傷による損害について~


  • 傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。

・限度額

(被害者1名につき)120万円


~後遺症による損害について~


  • 後遺障害による損害は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。
  • 後遺障害とは、自動車事故により受傷した傷害が治ったときに、身体に残された精神的又は肉体的な毀損状態のことで、傷害と後遺障害との間に相当因果関係が認められ、かつ、その存在が医学的に認められる症状をいい、具体的には自動車損害賠償保障法施行令別表第一又は第二に該当するものが対象となります。

・限度額

①神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への著しい障害で介護を要する傷害(被害者1名につき)

常時介護を要する場合(第1級)

4,000万円

随時介護を要する場合(第2級)

3,000万円

②上記1以外の後遺障害(被害者1名に付き)

(第1級)3,000万円 〜 (第4級)75万円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする